コンビニの廃棄削減のための実質値引きはオーナーの利益に貢献するか考える

おはようございます。
川越・ふじみ野エリアで活動する
公認会計士・税理士の榎本です。
2019年に入り、
今までコンビニエンス業界に
潜在的に問題とされていた
数々の問題が顕在化しています。
その結果、コンビニエンス業界を
取り巻くニュースが
多くなっています。
24時間営業の問題、
バイト不足や
人件費高騰、
オーナーの高齢化、
ロイヤリティ、
廃棄等。
各社ともオーナーの負担軽減を
何とか考えており、
その中で賞味期限切が
近い商品の
実質値引が一つの
対策として動いています。
今日は、この効果について
考えてみます。

デイリー品の廃棄問題について

まず、コンビニオーナーの
利益を考えるうえで、
廃棄は、人件費の次に
大きなコストです。
仮に1日1万円(原価)
廃棄を出すと、
1か月で30万円(原価)、
のコストになります。
売上が1日50万円、
売上総利益率30%、
本部へのロイヤリティが50%と
仮定すると(本部が店舗等を
用意するタイプを仮定)、
人件費、廃棄を控除する
前の利益は、
50×30×30%×50%=225万円
となるので、売上総利益に対する
廃棄の負担率がおよそ
20%強だということが
わかります。

 

一方、売上をそれなりに
確保するには、
品揃えをよくしなければなりません。
品揃えをよくするということは、
在庫を持たなければなりません。
しかし、それは、裏を返せば、
売れ残った場合に
廃棄の増加につながります。
このことから分かるように、
売上の確保と在庫の確保は
諸刃の剣です。

 

このリスクを基本的には、
本部ではなく、オーナー側が
負担しなければなりません。
コンビニ各社とも
若干の本部負担があるものの
現状は、オーナーが廃棄損の
ほとんどを負担しています。

実質値引きを含めた値引きの効果

コンビニ各社の値引き策

今回コンビニ各社が
考えたのは、
店の廃棄を少しでも減らし、
オーナーの利益が増えるように、
廃棄が近づいた商品を
スーパーなどで行っている、
値引きによる見切り販売で
対応しようと考えています。
ただ、その方法は、
商品の直接の値引きではなく
ポイント還元による
実質値引きを考えています。
ただ、この方法については、
ポイントカードを持っていない
お客様にはメリットがないので、
その効果が十分かは
疑問視されています。

結果として在庫のだぶつきになっては意味がない

また、個人的に疑問として残るのは、
廃棄が減っても売上が増えるのか。

 

確かに、期限切れ間近の
商品を優先的に
買ってもらうことで、廃棄そのものが
相対的に減ることで、コスト
削減につながるかもしれません。
しかし、期限切れ間近の商品が
購入されることで、
本来買われる予定だった
鮮度が新しいものが残り、
商品のだぶつきを生まないだろうか
と思います。
商品がだぶついてしまっては、
結果として、それらが新たな
廃棄候補になってしまい、
店全体での廃棄削減という
効果は薄いのではないか
と懸念しています。

コスト削減と売上増加につなげるには

理想的な形は、先ほど書いた
本来買われる予定の
鮮度の新しい商品が、
機会損失を埋めてくれる
ことかと。
すなわち、今まで、
廃棄によって、
欠品が生まれていた時間に
鮮度の新しいものが、
在庫として残り、
そこで生まれていた
機会損失を埋め、
それが新しく売上として
計上されれば、コスト削減+
売上増加という流れが
でき、オーナーの利益に
つながっていくのでは
ないかと考えます。

 

この理想的な形になるには、
値引きのタイミングや
商品の納品のタイミングなども
影響してきますので、
今後そのあたりを
モニタリングしながら、
検討していく必要が
あるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、コンビニ業界で
タブーとされてきた値引きによる
今後の廃棄削減や売上、
利益増加の
可能性について
考えましたが、長期的に
オーナーが安定した経営を
していくには
もっと踏み込んだ議論が
必要かと思います。

 

例えば、過剰出店による
過当競争の規制、
ロイヤリティーの率、
最低賃金を政策的に
引き上げられる中での人件費
増加問題への対処、
社会保険加入義務による
店舗運営コスト増加問題など
まだまだ解決すべき課題は
山積しています。
これらの課題を
一つずつ解決して、初めて現在
問題になっているコンビニエンス
ストアーの担い手確保や
社会インフラとしての
存在意義を考える問題に
対処できるのではないでしょうか。

【子育て日記】
今日は、長男がお泊り保育の日です。
昨日待ち遠しいか
聞いてみたら、ちょっと不安の
ようでした。
明日のお迎えの時には笑って
いられるよう楽しんできて
もらいたいです。
下の子は、日に日に食欲が
ましてきて、
最近、おなか大丈夫?と
聞くと、自分のおなかを
なでながらニッコリ。
かわいらしいですね。