代表者プロフィール

ご挨拶

榎本幹郎公認会計士・税理士事務所のHPをご覧になっていただきありがとうございます。
 大学卒業以来会計監査、事業会社の経理、税理士法人での税務・会計コンサルティングサービスと数字を扱う仕事を足掛け15年近く経験してきました。その中で、自分の中で一貫してもっていた信念は、数字は生き物であり、それが示すものの背景には、さまざまな事象や取引、ドラマがあり、これを念頭に置いて数字を見ていかないと時には誤った判断を下しかねないということです。
 これは、自身が数字をまとめる場合はもちろん、第3者としてお客様の数字に触れるときも含め大切な考え方だと認識しております。会社や事業を継続して発展させていく上でもその数字が持つ意味をしっかりととらえ、その数字をしっかりと経営にいかせるようにお客様と一緒に協力していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

代表者

榎本幹郎
公認会計士(埼玉会20382号)
税理士(134999号)
(えのもとみきおと読みます)

出身地

富山生まれ埼玉育ち

家族

猪年の妻と蛇年の長男と戌年の長女の4人家族

血液型

O型よりのA型

ストレングスファインダー5つの資質

  • 分析思考…「なぜ」や「どのようにして」を定期的に調査し物事の理由と原因の追求することを好む
  • 回復志向…何が問題で何が悪いのかを調べ、その解決策を探る問題解決を好む
  • 調和性…異なる意見をまとめ一つの方向性にもっていくことを求める
  • 規律性…日課や身の回りのことを含め物事を順序だて、秩序立てることに努める
  • 着想…見た目に関連性がないもの同士を結び付け新しいアイデアを創出することを好む

出身大学

中央大学総合政策学部

バイト歴

  • ヤマト運輸での仕分けと引っ越しサポート(大学前の2週間:人生初めてのバイト)
  • セブンイレブン(大学時代に4年間:実家の手伝いも兼ね)
  • 地元の塾講師(大学時代に2年間:小学校の時の友人の紹介で)
  • サイゼリヤ(大学時代に1年間:一度は飲食業を経験したかったので)

    どのバイトもその後の人生の糧となっているので、学生時代に働いてお金をもらえることの大変さを知っておくことは、大変貴重な経験だと今でも感じています。

経歴

1982年4月 富山県射水郡小杉町(現:射水市)に生まれる
→4月3日生まれの有名人は意外と多い
スポーツ選手:金本知憲さん 上原浩治さん 高橋由伸さん
芸能人:大泉洋さん タカアンドトシのタカさん

 

2005年3月 中央大学総合政策学部卒業
→いったん受験浪人=無職となる

 

2005年11月 旧公認会計士二次試験合格
→無職のプレッシャーから解放され誰もいない家で絶叫

 

2005年12月 有限責任あずさ監査法人入社
→現在でも仕事、遊びと深い付き合いができる大切な同期と出会う。
当時はみんな若かったこともあり、研修や仕事の後朝まで飲んだり
麻雀したりとかなり無茶をする日々

 

2009年7月 公認会計士登録
→旧二次試験と終了考査を合わせ計28時間にも及ぶ試験に耐えて
ようやく会計士としての入り口に立てる

 

2011年9月 法人の配慮で2週間と短期間ながら米国のボストンに語学留学
→はじめて海外での生活を経験し、いつかは海外赴任などをしてみたいと思う。
ただ今のところそれは叶っておりません…

 

2013年10月 有限責任あずさ監査法人退社
→長男が生まれたこともあり、子供との時間を長く持ちたいという思いと
監査以外の仕事をしてみたいということもあり、人生で初めての転職

 

2013年11月 大手金属メーカーの事業部経理として配属(その後工場経理も経験)
→原価計算や予算管理、貴金属のデリバティブ取引等生の数値に触れる。
監査法人では出来上がった数値を客観的に見ることが多かったたため、
すごく新鮮な経験をする。

 

2016年1月 埼玉県の地元の税理士法人に転職
→地元埼玉で今までの経験を生かして、より身近な中小企業へのサービスの
提供に興味を持ったこともあり、人生2度目の転職

 

2018年10月 税理士法人を退職し、独立
→自分の時間と子育てへの時間をしっかりともち専門家としてより密接に経営者や事業主の方とっ接したいとの気持ちも強まり、おもいきって独立。また、この年「ひとり税理士」としての仕事の仕方や考え方について本を書かれている井ノ上陽一税理士の本に出会ったことも大きく影響!雇わず雇われずITを駆使してお客さんへのサービス提供をしていくにはどうしたらいいかのバイブルとして大変参考にさせていただきました

公認会計士・税理士への道のり

 士業を志したのは、父方の親族に税理士をしている方と幼少より接してきたことで、資格を取れば、独立して自分のペースで仕事ができることに憧れを抱くようになったことがきっかけと記憶しております。ただ、学生の時分(今から20年ほど前だったと記憶)に公認会計士のほうが幅広い仕事が将来的にできるというアドバイスを親族の税理士からいただいたこともあり将来は、公認会計士になってみたいと思ったものの、合格するには7科目の試験(当時:簿記、原価計算、財務諸表論、監査論、商法、経済(もしくは民法)、経営)を同時に受験し、合格率が一桁の試験をパスしなければならないという事実を知り、当時は、合格のイメージを全く持てませんでした。
 しかし、大学で出会った同じ学部の友人が2年時に公認会計士の試験を目指すということを聞き、当時、自分の将来もそろそろ考えなければならない時期であったことも影響し、一念発起し、会計士試験に挑むことになりました。
 それから、会計士予備校として大原簿記学校立川校に通い、受験仲間と切磋琢磨し、足掛け4年の勉強の末、2005年に旧二次試験の合格に何とかたどり着けました。

自分の得意なこと・できること

  • 数字に対して鋭い感覚とお客様の抱える経営上の問題点の発見とそれに対しての改善提案やアドバイス
⇒会計監査での経験を生かしてあるべき姿をお客様に提示しお客様の実情に合った提案やアドバイスをいたします
  • 基準や税法にのっとった節度ある節税
⇒税金を減らすことだけにお客様の意識を向けるのではなく、最終的にお金がしっかり残るような適切な節税を提案します。
  • 時間は有限ということを常に意識したスピーディーな対応
⇒大規模な事務所では、根回しや内部コミュニケーション等が必要となるためどうしてもお客様へのレスポンスに時間がかかりがちですが、当事務所は、私の判断ですべて進めますので、スピーディにお客様の疑問にお答えできます。
  • 事業会社の経理で得たエクセルでの業務効率化
⇒お客様の中には、ITが苦手ということで手作業で経理・記帳業務を行われているところがまだ一定数いらっしゃると思います。そこで、そのようなお客様には、簡単で使いやすいエクセルの仕組みを作り、経理にかかる業務を少しでも減らしていただき、本業に集中できるようにサポートいたします。

自分の苦手なことやできないこと

  • 紙資料からの会計ソフトへの高速入力
⇒単純作業になるような業務は、時に大変な集中力と慣れが必要となりますが、自分にはそのような経験がないため、対応いたしかねます
  • 過度な節税や脱税に近い取引の容認
⇒専門家として適切な判断と法律に則った処理を信条としておりますので、そのようなご要望にはお答えいたしかねます
  • 社会人としての配慮に欠ける要求や要望
⇒24時間365日電話に出ることを望んだり、当事務所をただの下請けとしてお互いに協力してビジネスを行うことに対しての配慮が欠けるような場合は、ご一緒にお仕事ができかねます。
  • ご自身の会社の数値をすべて当事務所にまかせっきりとし、ご自身の会社や事業の数値に無関心な方
⇒数字は、嘘をつかず、会社や事業を発展させていく上では、経営者や事業主が一番にわかっていないといけないと思いますので、苦手な方でも少しずつでよいので、その考え方をご理解いただけない場合はご一緒にお仕事が出来かねます。

趣味・特技

読書

経済小説や社会派小説を読むのが特に好きで、今までに読んだことがある小説の中でおすすめの小説家とおすすめの本についていくつかご紹介いたします。
(完全に独断と偏見によります)

 

★黒木亮…国際金融マンとしてのご経験をもとに国際金融を中心とした小説を書かれており、一つ一つの事象が大変リアリティのあるタッチとなっています。
 また、小説の中に出てくる風景を描写した文面が非常にリアリティのある表現となっているため読者もそこに行っているかのような感覚を味わいながら読めます
・巨大投資銀行
・トップレフト
・アジアの隼
・獅子のごとく
・冬の喝采(こちらは経済小説でなくご自身が経験した大学時代の箱根駅伝にまつわるお話です)
・トリプルA(リーマンショックに至るまでの米国の金融バブルが見事に描かれています)
・国家とハイエナ
・虚栄の黒船ー小説エンロン
・鉄のあけぼの
・リストラ屋

 

★池井戸潤…邦銀でのご経験を通じて銀行員からみる企業の実態や社会の実態を実際にあった事象をモデルに描いており、小説に登場する専門用語等もしっかりと説明されているのでどの本も見ごたえがあります。
・半沢直樹シリーズ
(俺たちバブルバブル入行組、俺たち花のバブル組、ロスジェネの逆襲、銀翼のイカロス)
・下町ロケットシリーズ
(下町ロケット、下町ロケット2ガウディ計画、下町ロケットゴースト、下町ロケットヤタガラス)
・あきらとアキラ
・空飛ぶタイヤ
・陸王
・ようこそわが家へ
・鉄の骨
・果つる底なき
・BT’63
・M1

 

★真山仁…元新聞記者であったこともあり、社会問題とうまくリンクさせて書かれているので、個々の問題や事象について大変考えさせられ、自身の勉強にもなります。
・ハゲタカシリーズ
(ハゲタカ、バイアウト、レッドゾーン、グリード、シンドローム、ハゲタカ2.5ハーディ、ハゲタカ外伝スパイラル)
・バラ色の未来
・オペレーションZ(日本の国家財政の未来について考えさせる一作です)
・黙示(日本の農業政策の問題点や今後の農業政策について考えさせられる一作です)
・マグマ

 

★山崎豊子…元新聞記者としての取材力が小説の様々なところに現れており、長編が多いですが、いずれも読みごたえがあり、その時代の社会事情等も知ることができ大変勉強になります。
・沈まぬ太陽
・不毛地帯
・華麗なる一族

マラソン

2009年 NAHAマラソン
⇒人生初のマラソン。南国那覇での風光明媚なコースを沢山の沿道の応援に支えてもらい何とか完走

 

2010年 つくばマラソン
⇒NAHAマラソンとはうってかわって沿道の応援が少なかったことが印象として残ったレース

 

2011年 富士山マラソン
⇒11月の河口湖湖畔の朝の気温が猛烈な寒さとなって襲い掛かり、後半はほとんど走れなかった…

 

2012年 古河はなももマラソン
⇒古河市内を縦断、横断する方たちのレースで、エイドが少なかったのがレース後半に響く

 

2014年 佐倉マラソン
⇒途中雨に降られ、心も折れ、5時間も切れない散々な結果

 

2015年 古河はなももマラソン
⇒練習不足もあり、6時間目前でぎりぎり5時間台でのゴール。

 

2015年以降は、フルマラソンに出ることができておりませんが、トレーニングしっかり積んで
また出る機会をうかがいたいところです。

ゴルフ

時折監査法人時代の同僚や先輩とプレーするものの120前後からスコアは伸びず…もう少し時間がとれるようになったら練習の時間を設け、ラウンドの回数ももう少し増やしていきたいところです

子育て

2013年に第1子、2018年に第2子を授かり、日々子育てに奮闘中!日々子供が成長していく時間を少しでも共有できるように朝、夜とご飯や遊びの時間をしっかり確保しています。
子供の成長は、ほんとに早いのでこれからも時間をしっかり管理し、子供との時間をすこしでも多く設けられるようにしていきたいところです。

旅行

旅行は、その土地でのおいしい食べ物やお酒、観光、アクティビティを楽しむといった普段とは違う時間を過ごすことができ、精神的にもリフレッシュできるのでいつも次の休みにどこに行こうかということを考えるのが楽しみです。
また、監査法人時代には、出張でもいろいろな土地を訪れる機会があり、その際も仕事が終わった後の食事や温泉が大変楽しみでした。
訪れたことがある土地は以下の通り。
(国内)
・北海道(札幌、網走、美幌、美唄、砂川、幌別、室蘭、苫小牧)
・宮城(仙台)
・福島(会津、喜多方)
・茨城(日立、古河、つくば、大洗)
・千葉(富津、一ノ宮、館山、市原、茂原)
・群馬(草津、沼田、水上、伊香保)
・栃木(日光)
・東京
・神奈川
・新潟(新潟市、湯沢、長岡)
・長野(松本、白馬、軽井沢)
・富山(五箇山、氷見、立山、宇奈月他)
・石川(金沢)
・福井(坂井)
・岐阜(白川郷)
・山梨(河口湖、富士山)
・静岡(静岡、清水、伊豆、掛川、浜松、沼津、小田原)
・愛知(名古屋)
・三重(尾鷲、紀伊長島)
・滋賀(米原)
・和歌山(御坊)
・奈良(奈良市)
・京都(京都市)
・大阪(大阪市)
・兵庫(丹波篠山)
・岡山(玉野)
・広島(広島市)
・山口(周南、岩国)
・香川(高松)
・愛媛(松山)
・福岡(博多、大牟田)
・佐賀(佐賀市)
・長崎(長崎市)
・熊本(阿蘇)
・大分(大分、佐賀関)
・鹿児島(鹿児島市)
・沖縄(本島、古宇利島、石垣島、竹富島、波照間島、西表島、小浜島、宮古島、伊良部島、池間島、来間島)
(海外)
・米国(ボストン)
・韓国(ソウル)
・香港
・マカオ
・台湾
・タイ